忘れえぬ君へ

どうやら、来年の春までに僕はここから居なくなるようです。

いつか、君がこれを見てくれる事を祈って。




どうか信じて欲しい。

君にはとても価値がある。

計りしれないくらいすごくたくさんの価値がある。

僕がどれだけ君を望んだか見せてあげたかったくらいだ。



僕はもう君を守れないかもしれないけれど、

キリストが十字架で流された血は、

いつだって君を守ってくれるだろう。

神様は君を愛している。

君が神様を、じゃない。

神様が君を選び、僕を遣わした。

そう信じてる。

だって、僕でさえ君の価値がわかるのに、神様にわからないはずがない。


だから、信じて欲しい。

神様が君の側で君を愛し、君を導いてくれる。

たとえ、君が君を愛せない時でさえ、君は祝福の中にある。

どうか信じてほしい。

主イエス・キリストの御名を。



いつか、すべての境が消え去る時、

僕は君の心に触れられるのかな。

分からないけれど。


僕は君の役に立てたでしょうか?

君にわずかでも何かをしてあげられたでしょうか?

少しでも愛が届いたでしょうか?

本当はとても怖いです。


君が幸せでありますように。

神様が君を守ってくださいますように。


毎朝、毎晩祈るよ。

とても愛してる。

さようなら。
[PR]
# by zion_the_strange | 2012-10-19 00:30

万が一、君が僕を恋しくなった時のために。

私信。
きっと、ここを見る事は、もうないだろうけど。
万が一、君が僕を恋しくなった時のために、ここに残します。

恋愛ができない君にとって、僕は重荷にしかならない。
だから、離れる事にしました。

もしかしたら、アメリカに行くかもしれません。
そうすれば、君とはきっと二度と会うことは無いでしょう。

けれど、二つほど覚えておいて欲しい事がある。

毎日、君の事を祈っている。
君の救いを、健康を、そして幸せを。

それから、ピンチの時に駆けつけるってあれ。
あれは永年有効です。
もし、アメリカに行ったら、12時間ほどかかるけどな(遅ぇ

これは、僕の強く、変わらぬ誓い。

元気で。
[PR]
# by zion_the_strange | 2011-06-21 23:47 | 思想